【歴史クイズ(戦国編)】1583年の今日、9月16日に亡くなった、越前の戦国大名の名は? 

【歴史クイズ】 前回の答え: 長尾 為景(ながお ためかげ) 長尾為景は、越後守護代であった長尾能景の子として生まれます。 永正3年(1506年)、般若野の戦いで父が戦死すると、中越地方の五十嵐氏・石田氏が反乱を起こしますが、越後長尾氏の家督を継いだ為景によってまもなく平定されます。 翌永正4年(1507年)春頃に「為景謀反の気あり」と守護である上杉房能が為景討伐の準備をしていたため、8月にその機先を制して房能の居館を襲撃します。 逃亡中に房能が自刃すると、その養子である上杉定実を傀儡として守護に擁立します。 この新守護擁立に反対する阿賀北地方の本庄時長・色部昌長・竹俣清綱は、9月に為景に対して一斉に蜂起します。 この挙兵の知らせを蒲原郡代の山吉氏を通じて中条藤資から受けた為景は、蘆名氏・伊達氏に協力を要請し、本庄氏の拠点である本庄城を攻略することに成功します。 永正5年(1508年)5月には色部氏の平林城が落城し、6月、岩谷城に籠城していた竹俣氏も降伏します。 8月に為景は銭貨80貫文を室町幕府に献上し、11月6日、幕府から上杉定実の越後守護就任が正式に認められ、為景も定実を助け補うことを命じられます。 しかし、永正6年(1509年)7月、房能の実兄である関東管領の上杉顕定とその子、憲房が為景に対して報復の大軍を起こし越後に侵入します。 関東管領の軍勢は越後上田荘を拠点として、越後府中を落とし中越・上越地方を抑えた為、為景…

続きを読む

【歴史クイズ(戦国編)】1507年の今日、9月13日に守護である上杉房能を急襲し、越後の実権を握った武将の名は? 

【歴史クイズ】 前回の答え: 井伊 直虎(いい なおとら) 井伊直虎は、遠江井伊谷城主(国人)の井伊直盛の娘として誕生します。 生年は定かではありませんが、天文5年(1536年)前後に誕生したのではないかとする説があります。 直虎の父である直盛に男子がおらず、直盛の従兄弟にあたる井伊直親を婿養子に迎える予定でしたが、天文13年(1544年)、今川氏与力の小野政直の讒言(ざんげん)により、直親の父である井伊直満が弟の直義と共に今川義元への謀反の疑いをかけられて自害させられ、直親も井伊家の領地から脱出、武田領の信濃に逃亡します。 許嫁であった直虎は龍泰寺(のちの龍潭寺)で出家し、次郎法師と名乗ります。 直親は弘治元年(1555年)に今川氏に復帰しますが、信濃にいる間に一族の奥山朝利の娘、おひよを正室に迎えていたため、直虎は婚期を逸すことになったとされます。 永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いにおいて父の直盛が戦死し、その跡を継いだ直親は永禄5年(1562年)に小野道好(政直の子)の讒言によって今川氏真に殺されます。 直虎ら一族に累が及びかけたところを、母である祐椿尼の兄で伯父にあたる新野親矩の擁護により救われます。 永禄6年(1563年)、曾祖父の井伊直平が今川氏真の命令で天野氏の犬居城攻めの最中に急死し、永禄7年(1564年)には井伊氏は今川氏に従い、引間城を攻めて新野親矩や重臣の中野直由らが討死し、家中を支えていた者達も失います。 …

続きを読む

【歴史クイズ(戦国編)】1582年の今日、9月12日に亡くなった井伊の女城主の名は?

【歴史クイズ】 前回の答え: 刀根坂の戦い(とねざかのたたかい) 織田信長と対立した室町幕府15代将軍足利義昭は、いわゆる信長包囲網を形成して信長に対抗しようとします。 浅井長政、朝倉義景は、この一員として信長と戦いますが、苦境に追い込まれていきます。 1573年4月、同じく包囲網の一員であった武田信玄が死去し、7月には盟主の足利義昭が京都から追放されるなど(槇島城の戦い)、包囲網側は明らかに不利になりました。 同年8月、織田信長は、3万の軍を率いて岐阜城を発ち近江に攻め入ります。 これに対して浅井長政は、5,000人の軍勢をもって小谷城に籠城し、朝倉義景も家中の反対を押し切った上で、自ら2万の軍を率いて長政救援のため、余呉に本陣を敷きます。 ところが、長政の部将である山本山城主阿閉貞征が信長に寝返ったため、織田軍は月ヶ瀬城を落とし小谷城西側へ包囲を広げることが可能になります。 また、朝倉側も重臣魚住景固らが数年来の軍事疲弊を理由に出兵を拒否、やむなく義景自身が出兵するしかなくなるなど、この頃から織田方の内部工作および朝倉氏家中の闘争による崩壊が窺えます。 義景は小谷城を後詰めすべく、小谷城の背後に位置する北西の田上山に戦陣を構築、同時に大嶽砦(城)などからなる小谷城守備の城砦群を築きます。 一方、織田軍本隊は10日に田上山と小谷城の間にある山田山に割って陣取り、朝倉方を盛んに挑発牽制します。 12日、信長は本陣より自ら1,…

続きを読む